2004年01月 - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライバー3 FPSレビュー

20170128214028665.jpg
2004年ps2で登場。ドライバー3(DRIV3R)
2017012821410364b.png
これはレースゲームだと思ってプレイしてない人も多そうな隠れFPS作品です。
20170128214053d8b.png
実際はgtaをFPS操作にしたと言うものでした。
201701282140388db.png
実在する都市と実際にある車両が登場する。
2017012821403014f.png
オープンワールドでシームレスに建物やクルーザーの中にも入って行く
20170128214143da6.png
バイクでもランナバウト
201701282141450ce.png
18ホイラーでもランナバウト
20170128214155440.png
トラックの荷台からレールシューター
201701282146196de.png
イニシャルDバリのいろは坂
20170128214623d2f.png
シェンムーが元祖のフォークリフト
201701282147144f8.png
ラリードライバー並みにドリフト決めないとって一般人にはクリアさせないつもりか!?
20170128214737425.png
列車を追いかけてっと
20170128214737762.png
FPS操作のシーンも最初はオマケかなと思ったら段々とどっちがメインか分からなくなってきて最後のところは銃撃作品の中でも中々の出来じゃないかな。フリーにフィールドを散策するモードもあってマイアミ、フランス、イスタンブールの各フィールドはgta3ぐらいの広さで、どこかにアロハを着たギャングが(gtaの主人公らしき風貌)それぞれ10人居て倒すとミッションが始まりクリアすると特典があると言うのがありオープンワールドゲームだから。そのジャンルでプレゼンしとけば相当売れたのに勿体無い。

つづく
スポンサーサイト

コール オブ デューティ ファイネストアワー FPSレビュー

20170124115556db9.jpg
2004年ps2で登場。コール オブ デューティ ファイネストアワー(Call of Duty: Finest Hour)初っ端に何ですが初代メダルオブオナーと同じ作りのエンドロールが凝ってるのは製作者が同じと感じさせます。メダルオブオナーから離脱したスタッフが作ったもので、独立して大成するため入魂の作品だったのでしょう。このシリーズはビデオゲーム史上最大の売上を記録するまでになるのでした。難易度も強気です。イージーが通常の作品のハードぐらいの感じでした。死ぬと中間地点から再開は一応あるけど回復アイテム無しからになるからロードし直して最初からスタートした方が良くてステージも30分はゆうに掛かる所を何度も何度も繰り返してもやらせるだけの自信が制作者にはあるからでしょう。
20170124115510865.png 
史上最大の作戦を彷彿される最初の戦場。違うのは、そのテンションが最後のステージまでつづく所だ
201701241155163fe.png
美人スナイパーを操るステージ。キャラクター性も抜かりはない。
201701241156157fe.png
意外と戦車を操縦する所が多い。そしてこれが操作性が理にかなってる
2017012411561881c.png
ジープの機銃でレイルシューター
20170124115620f66.png
爆薬で入口を塞がないと、わらわら敵が湧いてくる。ここは仲間のキーマンが死ぬとミッションフェイルドなので体力回復してあげたりして。
201701241156193c6.png
自軍の戦車を弾除けにして進軍する。戦車がロケット砲で破壊されるとミッションフェイルドなのでそいつの倒し方が肝と言う風に考えて戦わないとクリアは困難です。

つづく

THE サファリング FPSレビュー

2017011722505563c.jpg
2004年ps2で登場。THE サファリング(the suffering)近いのはサイレントヒルを自分視点にしたと言うところだがスプラッタ度の桁が違う。本編のアクションは部位破損あたりまえだし、ストーリーもビデオゲーム史上最悪の陰鬱度が待ち構えている。
20170117225057737.png 
NPCが喋る喋る
2017011722505761b.png
バイオばりに這ってます。
201701172251238d6.png
合間に足止めされる謎解きやボス戦はゼルダのはらわた
201701172251248c2.png
ナムコだってスプラッタハウスがあった
2017011722512241d.png
元祖は伊丹十三のスイートホームか?
昔はグラフィックがしょぼかったから問題にならなかったが

つづく

キルゾーン FPSレビュー

20170113200116cc0.jpg
2004年ps2で登場。キルゾーン(KILLZONE)ps3のレジスタンスと同じくソニーが資金を注入したXBOX対抗ソフトです。いかにヘイローが脅威だったのがうかがえます。
20170113200018722.png 
対抗馬にならいSFだけど敵が人間ぽいから大戦物ともとれる
201701132000360a3.png 
この手ではお馴染みの機銃。他は特にボスとか派手な物は無い。でも渋い人間ドラマのイベントが合間に挟まれて進行する。英語音声なのが重要。そう言う種類のセンス
2017011320025028c.png 
ジャングルはこんな感じ。ps2だけど雰囲気の作り込みが良いからグラフィックで見劣りはそれ程しない
20170113200313fbb.png 
仲間4人で進んでいく。それぞれ違う武器を待っててステージの始めに選べる。海外で売られたソフトはネット対戦が出来たようだから、それがヘイローキラーになるのかな
20170113200325bfd.png 
終盤は宇宙ステーションに。無重力でここは特徴があった。ソニーがテコ入れしたのに日本では何故かSEGAから発売された。

つづく

ロストプラネット FPSレビュー

20170115175557c72.jpg
2004年XBOX360で登場。2006年ps2に移植されたロストプラネット エクストリームコンディション(LOST PLANET EXTREME CONDITION)カプコンだから往年のアクションを現代のシステムで作ったと言う作品です。ステージを進んで最後にボスキャラが居ると言う。海外ではFPS操作がウケるし日本では馴染みのアクションの流れで取っつきがよかったのかセール150万枚と言う日本産FPS操作だけど頑張ったのでした。
20170115175542cc7.png
ps2やXBOXからしたらグラフィックの向上が実感しました
20170115175515b86.png
特徴があるのが所々に置いてあるモビルスーツに乗って戦えるところです。
2017011517565754a.png
人類の移住先には先住生物が居て戦うことに
201701151757310ae.png
生物だけでなく敵対人類とも三つ巴で戦う
20170115175739b5b.png
最後のボスも巨大生物や兵器やら結構濃いよ

つづく

サイオプス FPSレビュー

20170104193943baf.jpg
2004年ps2で登場。サイオプス サイキック・オペレーション(Psi-Ops: The Mindgate Conspiracy)これは買ってプレイしてみないとFPS操作作品だと気付かないで人が多いでしょう。それも出来は濃いです。
201701041939291b3.png 
銃撃戦も他作品のクオリティ。でもそれだけじゃない
20170104193936f5a.png
FPS操作で様々な超能力を酷使して進路を作ったり敵を倒したりする。
20170104193934e2e.png
超能力で敵に乗り移って戦ったり
20170104194106aad.png
敵に乗り移ってクレーンのスイッチを押したり
20170104194104690.png
超能力を使わなくても進めるが使うと裏技みたいにショートカットできちゃったり
20170104194107701.png
銅像が念力で襲って来た。ボスも超能力者だから奇想天外です。それにボス戦が豊富です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。