小櫃川 ポタリング珍百景152 - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小櫃川 ポタリング珍百景152

自宅の横を流れる小櫃川
千葉県で2番目に長い以前走った鴨川の清澄山の七里川から繋がってたのです。
日本の歴史とも由縁があって日本武の妻、弟橘が航海中の嵐を静めるのに身を投げてしばらくして打ち上げられた場所で流木で小さな櫃ぎを作ったことか
小櫃川と呼ばれるようになった。日本武は哀しみ暫くこの地を去らなかったことから、この地をきみさらずと名付けられ木更津になったと言う伝説がある。
そしてこの場所に皇族が嫁いで来たと言う本当の話が住民にだけ語り継がれている。
その自宅の場所から今度は河口に向かって川沿いをサイクリングスタート
舗装1ダート9の割合と右、左と川を添って走る道が変わる
橋の架け替え工事中で反対に渡れない
ひとつ先の橋で渡ってここから桜並木の河川道が続く
2016110710562447d.jpg
ラーメンひまわり
〒299-0237 千葉県袖ケ浦市大鳥居2−5
2016110710533936a.jpg
フラボー陸橋
〒299-0237 千葉県袖ケ浦市大鳥居2
小櫃川の珍百景
体を仰け反らせて潜ります。
201611071103359f4.jpg
誰も通ってない桜並木の舗装路
〒292-0024 千葉県木更津市大寺1075
ちょっと不思議なスポット
万年橋と清川食堂
〒292-0036 千葉県木更津市菅生858
夕陽を眺めるのが長年の夢でした
今まで仕事詰めで叶わなかったのです
向かいは小櫃公園
近隣の人は大概訪れたことがある場所
河川沿いの道だったのでした
ここは反対の道を行くべきだった
三井アウトレットと観覧車の写真を撮るのに止まってアクアラインと並走してるど真ん中で自転車で高いし高所恐怖症だし非日常的感あります。
河口付近に来ました
小櫃川河口の流木の浅瀬
干潟ですね。海岸に移動
前都知事がおいたした竜宮城
海岸に出ました夕焼けの富士山が綺麗な日でした
つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。