スプリンターセル FPSレビュー - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターセル FPSレビュー

20161220104820485.jpg 
2002年ps2にてスプリンターセル【Splinter Cell】が登場した。シネマの原作でも知られるトムクライシーが関わってるシリーズのひとつです。システムはメタルギアをFPS操作にしたという感じです。
20161220104821f59.png 
ステージ1は新規に設立されたスニーキング特殊団員のテストを特設施設で敢行。蛍光灯を撃って暗闇を作るのは、この作品の銃の1番の使いどころ。
20161220104821e79.png
ステージ2スプリンターセル特務が設立されて初任務の警察署に潜入。あと銃の使いどころに監視カメラを破壊するのがある。暗視ゴーグルを使うと白黒になるなのが今までと違う
201612201051385c4.png
ステージ3警察署。発見されたか殺生したかの有無がクリア後の評価に現れるから気付かれないように背後から殴打して気絶させるのが優先される。
201612201051387d1.png
ステージ4国防相に潜入。落ちてる瓶を拾って投げて音をだして人の気を反らせるのも常套手段。
2016122010513947d.png
ステージ5国防相。止むを得ないときは銃で応戦

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。