アンリアル・トーナメント3 FPSレビュー - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリアル・トーナメント3 FPSレビュー

20170107114811a63.jpg
2007年ps3にコントローラーFPS操作に対応して登場。アンリアル・トーナメント3【Unreal Tournament3】ハーフライフはアドベンチャー系。クエイクはアクション系。アンリアルはスポーツ系でFPSの骨格を作った3家のひとつです。アンリアル3ではスポーツ系では珍しくストーリーモードがありました。合間にはバックの世界観が朗読され、たまにムービーがあります。でもゲーム内容とは全く関係ありません。本編はデスマッチや旗取り合戦や要所攻め落しなどの銃撃スポーツを、数種類のマップと組み合わせて繰り返して行きます。旗の取り合いとかではストーリーの復讐と結び付かないけどストーリーはおまけでメインは対人戦に力を入れているスポーツ系の名門、操作性が良いのが印象に残りました。補正がある訳じゃないのに照準がスムーズに合わせられます。作ろうと思えば出来るじゃん。
20170107114800f41.png
ステージ1はチャートリアルを兼ねて妹とデスマッチ
2017010711472863b.png
次の面は旗取り合戦です。
20170107114738ee0.png
今度の面は拠点で作られる占領するコアを要所まで運びます。
攻撃は出来なくなるけどボタンひとつでスケボーで素早く移動できます。
20170107120227e32.png
敵の要所のコアを攻撃して占領すると領地に出来る
20170107114801bcc.png
乗り物も沢山の種類があります。
201701071202197ca.png
バトルフィールドはこれが元ですよね
20170107120217669.png
分かりづらいけど巨大兵器も操縦
20170107120217915.png
飛行兵器も操縦
2017010712085131f.png
敵の巨大兵器も登場
201701071209041da.png
最終ステージは復讐の相手とデスマッチ。と言う感じで始まりと終わりが物語ってます。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。