トゥールークライム:ニューヨークシティ FPSレビュー - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥールークライム:ニューヨークシティ FPSレビュー

20170119092713262.jpg
2005年ps2で登場。トゥールークライム:ニューヨークシティ(True Crime:New York City)グランドセフトオートのポリス版です。本家は2008年の4までFPS操作を採用しなかったからこっちの方が一足早くオープンワールドFPS操作です。でも悪い習慣のロックオンシステムが残っていています。ただそれを使わないと言う縛りプレイが出来るのでギリギリセーフにしました。
20170119092714d01.png
イキナリ青年の残虐シーンから始まります。
20170119092714c89.png
でもその青年の罪は知り合いの刑事にもみ消されてお巡りさんになりました。そして今度は刑事になるのに実地試験を受けます。
2017011909271545a.png
ニューヨークの街が丸々あり観光旅行になりますが事件が無線で入ってくるのでお仕事します。
2017011909295877a.png
今作からバイクも乗れます。と言うわけで初代トゥールークライムもありましたがFPS操作ではありませんでした。
20170119093000c5c.png
ボス戦も沢山あるしインターラクティブなイベントもあります。
201701190930003b0.png
日本版は残虐表現を修正されてるんだけど見落としたのかバラバラになるのが残ってるところがありました。よくこの問題は議論されてるけどなんでもダメはよくなくて、そもそもインターラクティブムービーだからムービーと倫理問題を分ける事も無いと思います。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。