シャドウタワーアビス FPS操作レビュー - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウタワーアビス FPS操作レビュー

2003年ps2で登場。シャドウタワーアビス(SHADOW TOWER ABYSS)これは隠れFPS操作の作品でした。キングスフィールドをFPS操作にした作品と言うものです。だからキングスフィールドな高難易度なんだけど超低難易度な作品でした。クリアするのにかなり時間が掛かってしまったんだけど回復アイテムが70個余って弾丸も大量に余ってクリアしました。不思議なバランスでこれはこれでいいのかも。でもそれどころじゃないこの作品、純日本産なのですが剣や銃で手がもげ頭がもげ、ある国の王様と言う人らしき設定なのに攻撃で頭部が少しずつもげて切断面も生々しいFPS操作作品の中では残虐ダントツだと思われてた日本未発売のTHE サファリングを超えてました。


 
手がもけ
 
両手がもやげ
 
首がすぽーん
 
ボスも部位破損
 
もともとFPSではあったけとFPS操作とは中々思わないでしょ

でもFPS操作で銃バリバリ撃てる。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。