津田沼【ギュートン軒】テイクアウト49珍百景 - 鉄拳ダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津田沼【ギュートン軒】テイクアウト49珍百景

20160526234613c0e.jpeg 
ギュートン軒
千葉県習志野市津田沼1-2-24 1F 
15:00〜21:30
日祝定休
居酒屋だけど、もつ煮、牛スジ煮込みなど
居酒屋メニューがテイクアウトやってるそうです。
その方法がビニール袋にギュートつめちゃいます。

20160526234615f9d.jpeg 
千葉県習志野市秋津5丁目10−7 谷津干潟
珍百景
谷津干潟が残った物語。森田さんが29歳の時小さい時に遊んでいた谷津干潟が埋められるということを知り、清掃活動をはじめた。
そんな森田さんを、早く埋め立てしたかった地域は冷たく、作業してるそばでゴミをわざと捨てていくのでした。ゴミの中には動物の死骸や墓石まであったそうです。
それにも負けず森田さんは雨の日も怪我して松葉杖でも掃除を辞めませんでした。
やがてヘドロだらけになりながら掃除する森田さんを見てた人が、一緒に掃除するようになりました。1人、2人とそして市民活動にまで発展してのでした。森田さんは推薦されて市議会議員に立候補して記録的票を集めて新聞配達員から政治家になったのでした。議員を続けながら掃除をして埋め立てに抗議して谷津干潟はラサール条約で保護されることになったのでした
森田さんはある時子供達から「ありがとう僕たちの谷津干潟を守ってくれて」と言われて涙を流したのでした。
森田さんが涙を流したのは、ありがとうと言われたことや谷津干潟が残ったことではなく
子供達が、僕たちの谷津干潟と言ってくれたことだったのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。